女流名人戦第4局湯原対局及び第2回湯原温泉あったまるオープン戦



カテゴリー: 将棋 | 投稿日: | 投稿者:

湯原温泉の恒例イベント『第43期岡田美術館杯女流名人戦湯原対局』の参加受付が始まりました! | 岡山の観光総合サイト おかやま旅ネット

詳しくはリンク先をご覧ください。女流名人戦第4局と、女流棋士6人によるオープン戦を同時進行で行うものと思われます。また、14時からトーナメント参加女流棋士による指導対局も行われるそうです。これも、女流名人戦第4局と同時進行ということのようです。


5月26日(金)27日(土)倉敷で名人戦第5局



カテゴリー: 将棋 | 投稿日: | 投稿者:

<お知らせ>第75期将棋名人戦七番勝負、開催地決定:朝日新聞デジタル

5月26日(金)27日(土)倉敷市で名人戦七番勝負第5局が行われます。対局場所は料理旅館鶴形。美観地区のど真ん中にあります。
倉敷市での名人戦開催は平成6年4月11日・12日に行われた第52期名人戦七番勝負第1局、米長名人VS羽生棋聖以来、実に23年ぶりとなります。


朝日アマ 山陽代表



カテゴリー: 将棋 | 投稿日: | 投稿者:

昨九日に行われた朝日アマ山陽代表決定戦は広島の中野(現中国名人)上原、の広島代表のお二人が代表になりました。残念だったのは山口の北村、代表決定のチャンスを二度逃したのはショックだったかと思われます。岡山期待の長谷川が連敗でチャンスを逃したのも残念、逆に山崎が健闘しました。岡山からもこの山崎、高石、立藤、荒瀬、杉本、等々の高校生以下の若手が強くなってくれて

頼もしい限り、むろん他にも有望な学生がおられますが私が顔は分かるんですが

名前を知らなくて申し訳ありません。


プロでも難問、「次の三手」



カテゴリー: 将棋 | 投稿日: | 投稿者:

超難問の「次の三手」。都成四段が西遊棋のTwitter上に投稿しています。転載させていただきました。都成四段の別のツイートによると、数人のプロ棋士に出題して正解は2人くらいだそうです。


新年あけましておめでとうございます



カテゴリー: 将棋 | 投稿日: | 投稿者:

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

菅井七段の公式戦状況は
順位戦B級2組 6勝1敗で2位。1月11日(水)に8回戦、対青野九段戦があります。
竜王戦4組 1回戦の相手は阪口五段。
王位戦リーグ 前期、菅井七段はリーグ残留。今期は現在予選が進行中。
王座戦 二次予選からの出場となります。現在一次予選が進行中。
棋王戦 もうすぐ渡辺棋王-千田六段の五番勝負が始まりますが、来期の予選も始まっています。2回戦、山本六段と対戦します。
王将戦 もうすぐ郷田王将-久保九段の七番勝負が始まります。来期の予選組み合わせ発表はまだ行われていません。
棋聖戦 二次予選で稲葉八段に敗れています。
朝日杯 二次予選で澤田六段に敗れています。
銀河戦 本戦8回戦から出場します。


矢掛町で開催される王将戦第4局のイベント情報



カテゴリー: 将棋 | 投稿日: | 投稿者:

2月12・13・14日 第66期王将戦 七番勝負第4局|矢掛町公式ホームページ

2月12日(日)はこども将棋王将戦と前夜祭が行われます。いずれも上記リンク先で申込受付中「先着順」です。参加希望の方はお早めに申込を。ネット上でしか申込できません。「矢掛町電子申請サービス」で、こども将棋王将戦と前夜祭が同じ画面でプルダウンで選択するようになっています。間違うと大変なことになるので慎重に。13日(月)と14日(火)は大盤解説があります。

対局者以外の出演棋士は
広報やかげ12月号|矢掛町公式ホームページによると、立会人井上慶太九段、副立会人菅井竜也七段、聞き手室田伊緒女流二段です。


第1回白壁倉敷将棋フェスタ



カテゴリー: 将棋 | 投稿日: | 投稿者:

白壁倉敷将棋フェスタで300人熱戦 有森七段、菅井七段らの指導も:山陽新聞デジタル|さんデジ

県内初の3人制フリー団体戦(3人全員が同一支部、同一職場、同一学校等の制限なく、自由に組める。県外も可)となった本大会。事前申込制、先着32チームでしたが、かなり早い段階で受付終了となったそうです。支部チーム、職場チーム、大学将棋部、高校生チーム、中学生チーム、そのほか混成チームなどさまざま。チーム名もおふざけのようなものがいくつかありました。
なお、上の記事中、「指導将棋」という表記があり、実際に将棋フェスタのチラシにも「指導将棋」という表記になっていたのですが、「指導将棋」という用語は正確には存在しないと思います(「指導将棋」でGoogle検索しても検索結果は「指導対局」が出てきます)。「指導対局」が一般的です。
指導対局棋士は有森七段、菅井七段のほか、長谷川女流二段、山口絵美菜女流1級でした。


朝日アマ県予選



カテゴリー: 将棋 | 投稿日: | 投稿者:

18日の県予選、代表は長谷川、山崎の両名がなりました。来る一月の山陽大会での活躍を期待しています。

長谷川は代表常連なので大きな期待をしています、山崎は高校生ですが最近強くなっています初めての大舞台で頑張ってください。

惜しくも代表を逃したのが、河村さんと山内君でした。


今年も応援ありがとうございました



カテゴリー: 将棋 | 投稿日: | 投稿者:

今年の対局は、14日の順位戦で終わりです。今年も応援ありがとうございました。岡山県に限らず、中国地方の子どもたちも、とても強くなってきました。皆強くなるので、子どもたちも競争が大変です。競争相手が、なかなか勝てない相手がいることは、とても幸せなことでもあると思います。来年も頑張りたいと思います。


やってくれると信じています



カテゴリー: 将棋 | 投稿日: | 投稿者:

居飛車を主体にしたオールラウンダーに転向してまだ間がないので以前の様な勝率は上げれていませんがそろそろじゃないですかね、、、来年あたりからまた快進撃が始まるものと期待しています。佐藤名人、広瀬九段、稲葉八段、千田五段、豊島七段、永瀬六段、、一気に世代交代の波が押し寄せていますね。タイトルホルダーもこれからどんどん若手に代わっていく流れが必然に見えます。大きなチャンスだと思います。現状は佐藤名人が頭一つ抜けてますが菅井七段もやってくれると信じています。(一将棋ファン)


菅井です。お久しぶりです



カテゴリー: 将棋 | 投稿日: | 投稿者:

菅井です。お久しぶりです。先日の朝日杯、澤田六段との対局は角道を止める四間飛車に対して、持久戦模様の作戦を選びましたが、駒組みが終わった時点で、大作戦負けという内容でした。序盤も中盤も終盤も、将棋は全て大事ですね。次の対局も頑張ります。


アマ王将戦1日目の結果



カテゴリー: 将棋 | 投稿日: | 投稿者:

なべ そーだいさんのTwitterを転載させていただきました。長森優作さんはベスト4。田中佳久さん(山口)は準々決勝で井上輝彦さんに敗れました。


2月13・14日(月・火)王将戦第4局が岡山県矢掛町で開催



カテゴリー: 将棋 | 投稿日: | 投稿者:

王将戦|棋戦|日本将棋連盟

郷田真隆王将に久保利明九段が挑戦する第66期王将戦七番勝負。日程が公開されました。第4局が2月13・14日(月・火)に岡山県矢掛町で開催されるとのことです。岡山県内で七大タイトル戦が行われるのは平成16年2月に倉敷市で第53期王将戦七番勝負第3局、羽生王将VS森内竜王が行われて以来、実に13年ぶりとなります。


今泉さん勝つ!



カテゴリー: 将棋 | 投稿日: | 投稿者:

今日の対局で勝つとフリークラスから昇格できる大事な一番に勝って来春からの順位戦に参加される資格を獲得されたようです。何はともあれ「おめでとうございます」益々の活躍を期待しています。

(管理人追記) 将棋:43歳の今泉四段が順位戦昇級 戦後最年長でプロ – 毎日新聞


11月19日(土)倉敷藤花戦三番勝負第2局



カテゴリー: 将棋 | 投稿日: | 投稿者:

11月19日(土)、倉敷藤花戦三番勝負第2局が倉敷市芸文館で行われます。
詳しくは
倉敷藤花戦/倉敷市

午後からホールで公開対局。また、別室のアイシアターでは菅井七段による大盤解説があります。里見倉敷藤花が1勝1敗のタイに持ち込むか、室谷女流二段が初タイトルを獲得するか。注目の一番です。
1勝1敗の場合、20日(日)に第3局が行われます。公開対局はありませんが、菅井七段による大盤解説はあります。


第1回白壁倉敷将棋フェスタのご案内



カテゴリー: 将棋 | 投稿日: | 投稿者:

第1回白壁倉敷将棋フェスタ
12月23日(金・祝) 倉敷市民会館

完全フリー3人制団体戦
小学生以下の子ども大会
指導対局
懸賞詰将棋

団体戦と子ども大会は事前申込制、指導対局は当日受付。指導対局の棋士は有森七段、菅井七段、長谷川女流二段、山口絵美菜女流1級。
岡山県内で完全フリー(※何の制約もなく自由にチームを組めるという意味)の団体戦は初めてと思われます。また、全てのイベントで県外者も参加可能となっています。


山口恵梨子杯



カテゴリー: 将棋 | 投稿日: | 投稿者:

六日、三朝町で行われた山口杯でS級で松本憲太郎が優勝し賞金を獲得しました、二位は大阪の巽さんで松憲の弟さんと大阪の長生さんが三位でした。そしてA級では大沢要が笹尾さんに勝って優勝、二位笹尾さん西さんが三位でした。抽選のいたずら ? で岡山勢がトーナメント同士討ちが相次ぎすこし残念でしたね。

B級では友直さんがベスト8と健闘されました。山口女流と指導対局されたのが諏訪さんと友直さんでした。


北村先生(大山記念館長)文化章受賞



カテゴリー: 将棋 | 投稿日: | 投稿者:

11月3日文化の日に北村先生が倉敷市文化章を受賞されました、大勢の参列者の方々の前で謝辞を述べられる北村先生にお孫さんからの花束が贈られました。五十年以上の功労が評価されたもので本当におめでとうございます。

(管理人追記)倉敷市文化章に村山氏と北村氏 11月3日に市役所で贈呈式:山陽新聞デジタル|さんデジ


今泉四段が6連勝



カテゴリー: 将棋 | 投稿日: | 投稿者:

竜棋会メンバーの今泉四段が現在6連勝中(未放映のテレビ対局を除く)で今年度の勝率も6割5分を越え、フリークラス脱出までもう少しとなりました。あと2連勝または2勝1敗、3勝2敗で昇級です(たぶん)。対戦相手が強豪になってきますが、大きなチャンスなので突破してほしいと思います。

菅井七段の次の順位戦は11月9日です。相手は戸辺七段、中村太六段を連破し絶好調の窪田七段です。共に4勝1敗で中盤戦の昇級争いの大一番となります。勝って、来年四月には二人の昇級祝いが出来たらと思います。携帯中継ももちろんあります。明日の南九段戦も含めて5対局連続で中継となります。うれしいですね。


11月6日(日)山口恵梨子杯将棋大会は開催されます



カテゴリー: 将棋 | 投稿日: | 投稿者:

10月21日に鳥取県中部を震源とする地震が発生しました。地震で被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

鳥取県三朝町で行われる第4回山口恵梨子杯将棋大会は予定とおり開催されるとのことです。お世話をされている会員の山田收さんに電話で確認しました。なお、この大会は事前申込制です。詳しくは上記リンク先をご覧ください。


今年のネンリンピック



カテゴリー: 将棋 | 投稿日: | 投稿者:

本年は長崎県で行われた年リンピックの将棋大会に岡山県チームは藤田、川上、富崎の三氏、百万都市枠の岡山市チームは大橋、井野川、定弘の三氏で参加メインの団体戦は予選落ちで失格しましたが翌日の個人戦では藤田さんが優勝して金メダル、別の組では井野川さんも頑張り準優勝で銀メダル、川上さんも銅メタルを獲得されました。


朝日新聞に順位戦菅井七段VS戸辺七段が掲載中



カテゴリー: 将棋 | 投稿日: | 投稿者:


各種将棋大会のお知らせ



カテゴリー: 将棋 | 投稿日: | 投稿者:

10月16日(日)アマ王将戦中国予選 広島将棋センター
10月22日(土)女子アマ王位戦岡山大会 倉敷市芸文館
11月 6日(日)第4回山口恵梨子杯将棋大会 鳥取県三朝町・ブランナールみささ

女子アマ王位戦岡山大会は要事前申込、締め切り18日(火)です。詳しくはこちら。審判は中倉宏美女流二段と堀彩乃女流3級。堀女流3級は高知県出身。昨年はアマチュアとして女子アマ王位戦岡山大会に出場していました。
山口恵梨子杯将棋大会も要事前申込、詳しくはこちら。


事務の見直し



カテゴリー: 将棋 | 投稿日: | 投稿者:

先日、竜棋会幹事会を開きました。一部事務を見直すことになりました。
1 会報誌は現状の年2回発行から年1回発行に変更する。毎年3月頃発送します。
2 新規入会者の受付は、毎年3月1日~3月31日の間の期間限定とします。今すぐ入会したいという方も、来年3月まで待ってからお申し込みください。
ご理解ご協力よろしくお願いいたします。

そのほか、会員の方で住所を変更された方はメールにてその旨ご連絡ください。一部の会員の方は、事務局から発送する郵便物が届かずに返ってきています。


菅井七段、名人に敗れる。



カテゴリー: 将棋 | 投稿日: | 投稿者:

棋王戦ベスト8入りを掛けた対局、なんとなく苦しい展開かと素人目には見えました、しかし頑張りましたが惜しくも負けました。「うーむ残念」と風呂へ入ってる間に菅井七段から電話があったのですがそれが九時九分着、風呂から出て掛け直しましたが話し中でつながらず残念おそらく誰かと今日の対局について話をしていたものでしょう。もしかしたら美人の恋人かも?。イヤ憶測は止めます。しかし大きな一番でした地元紙に掲載される将棋でしたしね、倉敷藤花戦は室谷ー上田で

挑戦者決定戦を室谷が勝って里見さんとの三番勝負が決まりました。


JTこども大会の参加者数で一言



カテゴリー: 将棋 | 投稿日: | 投稿者:

JTこども大会の参加者数で一言。たしかに少なくなっていますが、私の地区では学校等の運動会と重なり4人が参加できなかったと聞いています。参加した子が14人で参加したいが行けなかったという子が4人ですから大きな要因の1つとも言えます。あと学校でチラシをもらったという子も前回は多かったようですが今回は・・・?でした。PRと時期的なものが少なからず影響していると推察しています。(森川)


将棋日本シリーズ



カテゴリー: 将棋 | 投稿日: | 投稿者:

昨日24日(土)、ジップアリーナ岡山(桃太郎アリーナ)で将棋日本シリーズ中国大会が行われました。将棋日本シリーズは「テーブルマーク子ども大会」と「JTプロ公式戦」の二つからなります。
当日の様子はいずれも山陽新聞デジタルが詳しいのでそちらをご覧ください。
栄徳君と白石君が優勝 岡山でこども将棋大会:山陽新聞デジタル|さんデジ
佐藤九段が死闘制し準決勝へ 岡山でJT杯将棋中国大会:山陽新聞デジタル|さんデジ

子ども大会は低学年、高学年ともに決勝進出者全員が地元岡山勢でした。高学年で優勝した栄徳要君の対局前のインタビュー「将棋を覚えたきっかけは?」「サンタさんのプレゼントに将棋が」「将棋の魅力は?」「深いところ」
こども大会、プロ公式戦ともに棋譜が公式サイトで閲覧できます。棋譜中継 | 将棋日本シリーズ | JT ウェブサイト

さて、参加人数に触れます。毎年、中国大会は岡山と広島交互に行われ、前回の岡山開催は2年前となります。2年前の子ども大会の参加人数は534名(出典・JT公式サイト)でしたが、今回は430人(出典・山陽新聞)とのこと。100人も減っています。むむむ・・・
プロ公式戦ですが、少し前のブログに書いたとおり、1999年は約2000人が観戦。今回は430人(出典・山陽新聞)ということで、17年前と比較すると、プロの公開対局を現地で観戦するファンは激減しているように思います。


関西奨励会の新入会者



カテゴリー: 将棋 | 投稿日: | 投稿者:

関西奨励会の9月第2例会の成績がアップされています。
関西奨励会

この投稿時点では師匠欄が空欄ですが、藤本渚6級は井上九段門下、鷹取尚弥6級は菅井七段門下!とのことです。
藤本君(高松中央小)奨励会入り 県アマ将棋3冠:ホッとニュース – 47NEWS(よんななニュース)
将棋の奨励会試験に小3の鷹取君合格:ホッとニュース – 47NEWS(よんななニュース)

香川と広島から有望少年が相次いで奨励会入りです。先輩の村田楽3級は前回の例会で昇級しています。岡山人の管理人としては、狩山1級に続く岡山出身者が出てほしいと思います。


有利と言っても順位戦はまだ序盤が終わったばかり



カテゴリー: 将棋 | 投稿日: | 投稿者:

おめでとうございます。有利と言っても順位戦はまだ序盤が終わったばかりです。中盤、終盤と気を抜かないで対局願います。今期の順位戦での関西所属棋士の活躍は素晴らしく、A級で稲葉八段が3連勝、B1級は久保九段が5連勝、山崎八段が4勝1敗、豊島七段と糸谷八段が3勝1敗で1位から4位まで独占、B2級では斉藤六段が4連勝で3位につけています。全員の健闘を期待しています。(大智)


順位戦4連勝



カテゴリー: 将棋 | 投稿日: | 投稿者:

昨日の順位戦、戸辺七段に勝って4連勝。順位戦B級2組は
4連勝  菅井七段、中村太地六段、斎藤六段
3勝1敗 藤井九段、北浜八段、窪田七段
9回戦で中村-斎藤戦があり、菅井七段は他の1敗者よりも順位が上なので、今期9勝1敗だと100%昇級します。

話は変わりまして、日本将棋連盟公式サイトがリニューアルしました。これまでなかった広告が表示されるようになりました。
竜棋会サイトは創設当初から現在に至るまで、そして今後とも広告表示をしません。100%誓います。


9月24日(土)将棋日本シリーズ



カテゴリー: 将棋 | 投稿日: | 投稿者:

9月24日(土)、将棋日本シリーズ中国大会がジップアリーナ岡山(旧名称・桃太郎アリーナ)で開催されます。将棋日本シリーズはテーブルマークこども大会とJTプロ公式戦の二つから成ります。
テーブルマークこども大会は事前申込制ですが、公式サイトの情報によると若干の余裕があるため、満席になるまで当日参加も受け付けるとのことです。中国大会 2016年度テーブルマークこども大会 | 将棋日本シリーズ | JT ウェブサイト

第37回JTプロ公式戦は三浦弘行JT杯覇者(前年優勝者・九段)VS佐藤康光九段。三浦九段は先日竜王戦挑戦を決めています。公開対局形式です。中国大会 2016年度JTプロ公式戦 二回戦第四局 | 将棋日本シリーズ | JT ウェブサイト

下の写真は平成11年(1999年)に岡山シンフォニーホールで行われた第20回JT将棋日本シリーズ決勝、羽生四冠-丸山八段戦(掲載誌・将棋世界2000年2月号)。このころはこども大会は行われておらず、こども大会用の広大なスペースが必要でないため、コンサートホールでの開催が可能でした。岡山シンフォニーホールの定員は2000人ですが、写真をご覧になればわかるように、ほぼ満席となっています。
最近のJTプロ公式戦中国(岡山)大会ではこれほどの観戦者数にはなっていないように思います。昔と今、将棋ファンは増えているのでしょうか。減っているのでしょうか。
img_0071


銀河戦敗れる



カテゴリー: 将棋 | 投稿日: | 投稿者:

昨日放映のあった銀河戦決勝トーナメント2回戦、対屋敷伸之九段戦は負けでした。
9月10日(土)、朝日杯オープン一次予選2回戦、対稲葉聡アマ戦があります。稲葉聡アマは稲葉陽八段の兄。加古川青流戦ではプロに混じって参加して優勝しています。携帯中継があります。