作成者別アーカイブ: 大智

西日本豪雨チャリティイベントのお知らせ



カテゴリー: 将棋 | 投稿日: | 投稿者:

昨日は菅井先生の順位戦の応援をしていました。松尾八段にも勝ち4連勝の好スタートとなり喜んでいます。と言っても前半戦が終わったばかり。中盤、後半の戦いが後8局残っています。これからも好成績を上げてA級昇級を成し遂げてほしいと思います。応援中になんと岡山県矢掛町で開催されるイベントを発見したのでお知らせします。菅井先生ももちろん参加されます。
日時
2019年9月1日(日)11:00~
場所
岡山県矢掛町 農村環境改善センター
参加棋士
久保利明九段、山崎隆之八段、糸谷哲郎八段、畠山鎮七段、菅井竜也七段
今泉健司四段、西田拓也四段、長谷川優貴女流二段、北村桂香女流初段、武富礼衣女流初段
料金
【参加料】
大人・子供 3,000 円

日本将棋連盟棋士会主催で指導対局や棋士によるペア対局、サイン会、トークショーなどが予定されています。
事前申込を31日まで受け付けていますので参加をよろしくお願いいたします。
詳しくは以下のURL先をご参照下さい。
https://www.shogi.or.jp/event/2019/08/post_1669.html

王座戦予選は佳境



カテゴリー: 将棋 | 投稿日: | 投稿者:

王座戦の挑戦者決定トーナメントは順々決勝の2局が終わり、挑戦者は6名に絞られました。豊島名人、羽生九段は左の枠で準決勝まで勝ち上がっています。右の枠は7月5日に永瀬叡王―高見七段、佐藤天九段―菅井七段の準々決勝2局が行われます。
6名はこの一年でタイトルを獲得した2名とタイトルを失った4名です。斎藤王座を含めて7名のタイトル経験者でのタイトル争いとなりました。豊島名人が4冠を目指す戦いになるかもしれません。羽生九段が100個目のタイトルを目指す戦いとなるかもしれません。NHK杯の雪辱と昨年の王位戦の雪辱を果たし関西のライバル対決となるかもしれません。楽しみにしています。

順位戦白星発進



カテゴリー: 将棋 | 投稿日: | 投稿者:

6月13日に今年度のB1級順位戦が始まりました。初戦の相手は順位戦19連勝中のライバル永瀬叡王でしたが完勝し
好スタートを切りました。C2級の今泉四段も白星発進、二人とも白星を積み重ねてほしいと思います。
明日6月18日は棋王戦挑決トーナメント1回戦で谷川九段との対戦です。

竜王戦4組決勝は31日



カテゴリー: 将棋 | 投稿日: | 投稿者:

竜王戦4組の決勝戦が31日に行われます。
挑戦者決定トーナメントのメンバーはほぼ決まっており、以下の通りです
1組  優勝 渡辺明二冠
    2位 永瀬拓矢叡王
    3位 羽生九段または木村九段(30日対局)
    4位 豊島将之名人
    5位 久保利明九段
2組  優勝 佐藤天彦九段
    2位 橋本 崇載八段
3組     鈴木大介九段
4組     菅井竜也七段または藤井聡太七段(31日対局)
5組     近藤誠也六段
6組     梶浦宏孝四段
31日に勝つと挑戦者決定トーナメントとなります。
初めての出場となります。6月4日の王位戦プレーオフも含めて期待しています。

4組優勝だと今までの組み合わせでは以下の対戦となります。強敵ばかりです。
対戦 近藤―梶浦の勝者
   久保九段
   豊島名人
   渡辺二冠
   挑戦者決定3番勝負

竜王戦4組決勝で藤井聡太七段との対局が実現



カテゴリー: 将棋 | 投稿日: | 投稿者:

16日に竜王戦準決勝で及川六段を破り3組昇級と藤井聡太七段との決勝戦が
決まりました。王位戦リーグの最終局も5月23日に決まり自力ではありませんが
勝てばプレーオフの可能性があります。今後も厳しい日程が続きますが好結果を期待しています。

5月21日(火)王将戦 一次予選4回戦 vs竹内五段
5月23日(木)王位戦 挑戦者決定リーグ紅組最終戦 vs阿久津主税八段(現在3勝1敗)
5月26日(日)瀬戸将棋まつりで斉藤王座と公開対局
www.city.seto.aichi.jp/docs/2019042400073/
X月XX日(?)竜王戦4組決勝 藤井聡太七段戦

今年度の順位戦の日程が発表されています。
https://www.shogi.or.jp/match/junni/2019/78b1/index.html初戦は永瀬叡王、2戦目はA級常連だった深浦九段、ともに難敵です。

懸賞詰将棋の締切と正解のご報告



カテゴリー: 将棋 | 投稿日: | 投稿者:

懸賞詰将棋締切の4月末日が過ぎ、5月2日には締切までに投函したはがきも届いたと思われますので応募を締切らせていただきました。投稿して頂いた方には厚く御礼申し上げます。

正解は以下と通りです
<解答>
▲2一馬、△同玉、▲3二銀、△1二玉、▲2四桂、△同歩、
▲1三桂成、△同玉、▲4三竜、△1二玉、▲2三竜
まで11手詰め
女性向け問題の解答は「クイーン」でした。
11手詰と手数が長かったこと。初めて詰将棋問題を出したのですが、最後に近いページに掲載したこと等により、正解を投稿して下さった方は全員当選となりました。厳正な抽選を行い、賞品を5月末までにお手元に届けたいと思いますので、正解された方はご期待の上お待ちくださいますよう、よろしくお願いいたします。
                      令和元年5月3日
                      会報誌部長  大智 修

菅井先生の対局予定



カテゴリー: 将棋 | 投稿日: | 投稿者:

もうすぐ10連休が始まりますが、菅井先生の対局予定がびっしりです。
明日(4/26)は竜王戦で西尾七段と対戦、勝つと次が及川六段との対戦、
これにも勝つと藤井聡太七段との決勝戦になります。見てみたいです。

4/28からは非公式戦ですが第2回abemaTVトーナメントが始まります。菅井先生は
A組に参加され4/28と5/5にテレビ対局が有りそうです。これも勝ち残って
渡辺二冠や藤井聡太七段との対戦を期待しています。
http://abematv.co.jp/posts/6086765/

5/1は王位戦で木村九段との対局です。ともに2連勝同士で紅組優勝はこの対局に
かかっていると言っても過言ではない重要な対局となります。

王座戦の本戦トーナメント表が発表され、5/10に中村太地七段との対戦で開始される
と書かれています。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44037770S9A420C1BE0P00/
強い人達とたくさん対局できて幸せだと思います。
健康に気をつけながら楽しんでほしいと思います。

会報誌の誤記のお詫びと訂正のお願い



カテゴリー: 将棋 | 投稿日: | 投稿者:

会報誌の誤記のお詫びと訂正のお願い

会報誌Vol.16に下記の誤記がありましたので訂正をお願い致します。

誤記部分  41ページ  第9回菅井竜也杯将棋大会結果 昇竜戦優勝者の氏名
訂正内容  (誤)小沼 佳浬(大阪府) → (正)小沼 悠理(大阪府)  

小沼君は兄弟で第9回菅井竜也杯将棋大会に参加され、佳浬君が竜王戦、悠理君が昇竜戦に出場されましたが、名前を混同し記載してしまいました。なお優勝戦の棋譜の方は正しく記載されております。佳浬君は「さなる杯小学生将棋名人戦」にも参加され、西日本の代表2名に勝ち上がっておられ、5月のNHKテレビ番組に登場される予定です。
この誤記の失礼をお詫びするとともに、優勝を願って一生懸命応援させて頂きます。皆様も一緒に応援をよろしくお願い致します。

                           平成31年4月15日
 竜棋会会報誌部長  大智 修

平成30年度最終対局



カテゴリー: 将棋 | 投稿日: | 投稿者:

平成30年度最後の週は連戦で、26日井上師匠との師弟戦、28日木村九段との棋聖戦決勝トーナメント1回戦で勝てば羽生九段とベスト4を賭けての対戦となります。携帯中継で応援しています。
終わり良ければ全て良し
王位戦も次は木村九段、3回戦は佐々木五段が組まれており、どちらも初戦に勝った強敵ですが、連勝すれば紅組優勝の可能性が高くなります。棋聖戦、王位戦のダブル挑戦を期待しています。

支部戦岡山県予選で竜棋会会員が活躍



カテゴリー: 将棋 | 投稿日: | 投稿者:

3月10日に山陽新聞社で開催された支部戦岡山県予選で竜棋会の会員が活躍しました。
団体戦では会員の高石君、山﨑君を含む岡南支部若手グループが優勝、支部名人戦A級では昨年に続き沖さん(笠岡支部)が優勝を飾りました。
4月20日、21日に神戸市で開催される西地区大会での活躍を期待しています。シニア名人戦は熊谷さんが準優勝でした。
詳しい結果は以下の山陽新聞デジタルをご覧ください。
https://www.sanyonews.jp/article/878705

王位戦組合せ



カテゴリー: 将棋 | 投稿日: | 投稿者:

王位戦リーグの組み分けが発表されました。
個人的には30才以上の壮年組と27才以下の若手組に分かれ、挑戦者決定戦は菅井七段と
稲葉八段の井上門下で切磋琢磨した者同士の決戦を期待したのですが、バランス良く
組み分けとなったようです。菅井七段は紅組で稲葉八段との同門対決となりました。
こちらも挑戦者決定戦は菅井七段(26)―永瀬七段(26)の同年決戦を期待しています。
ついでですが井上門下に4番目の棋士が誕生しそうな状況です。昨年の新人王を
藤井聡太七段と争った出口若武三段です。現在マジック2の状況で17日に決めて
くれるのではと期待しています。

紅組
菅井七段(26)、木村九段(45)、阿久津八段(36)、稲葉八段(30)、長谷部四段(24)、佐々木大四段(23)

白組
羽生九段(48)、澤田六段(27)、谷川九段(56)、中村太七段(30)、永瀬七段(26)、千田六段(24)
詳細は以下を参照願います。
王位戦挑戦者決定リーグ

昨日の松尾八段戦、勝ちました



カテゴリー: 将棋 | 投稿日: | 投稿者:

昨日(5月10日)行われた松尾八段との王座戦、菅井七段が勝ちました。これでベスト8に進出しました。次は渡辺竜王との対戦です。他のベスト8は青嶋五段、阿部光六段、斉藤七段が決まっており、稲葉八段(飯塚七段と対戦)、中村太六段(阿久津八段)、糸谷八段(広瀬八段)が勝てば、渡辺竜王以外はすべて20代になります。

王位戦は佐々木勇五段が佐藤名人に敗れ、菅井七段にも自力優勝の目が復活しました。こちらも頑張ってほしいと思います。

王位戦残念でしたが



カテゴリー: 将棋 | 投稿日: | 投稿者:

王位戦残念でした。しかし、まだまだ始まったばかりです。佐々木勇気五段はこの後渡辺竜王、佐藤名人との連戦があります。昨年の木村八段のように5連勝で勝ち上がる可能性は少ないと思っています。まだまだチャンスが有ります。ひょっとしたら5名が3勝2敗で並ぶ様な事もあるかもしれません。その時は前期4勝1敗の豊島八段と菅井七段のどちらが優勝者になるのでしょうか?

来期(平成29年度)も活躍を期待しております。B1以上は一流棋士なので予選はほとんどなくなってしまいます。勝ってたくさんの対局を見せてほしいと思います。

今泉四段が6連勝



カテゴリー: 将棋 | 投稿日: | 投稿者:

竜棋会メンバーの今泉四段が現在6連勝中(未放映のテレビ対局を除く)で今年度の勝率も6割5分を越え、フリークラス脱出までもう少しとなりました。あと2連勝または2勝1敗、3勝2敗で昇級です(たぶん)。対戦相手が強豪になってきますが、大きなチャンスなので突破してほしいと思います。

菅井七段の次の順位戦は11月9日です。相手は戸辺七段、中村太六段を連破し絶好調の窪田七段です。共に4勝1敗で中盤戦の昇級争いの大一番となります。勝って、来年四月には二人の昇級祝いが出来たらと思います。携帯中継ももちろんあります。明日の南九段戦も含めて5対局連続で中継となります。うれしいですね。

明日は王将戦



カテゴリー: 将棋 | 投稿日: | 投稿者:

明日27日は千田五段との王将戦があります。タイトル挑戦まで後一歩まで進んだ若手3人の内、永瀬六段は棋聖戦の挑戦を決めました。二人もいずれタイトル戦に登場すると思っています。この好取組の携帯中継が無いのはちょっと寂しいですが、勝ち上がってリーグ戦まで進んでほしいと思います。