銀河戦、佐藤天彦八段(当時)に敗れる



カテゴリー: 将棋 | 投稿日: | 投稿者:

昨日7月7日(木)、銀河戦本戦トーナメントHブロック10回戦、対佐藤天彦八段戦(当時)の放映がありました。棋譜は公式サイトで閲覧することができます。
第24期 銀河戦 本戦Hブロック 10回戦
リンク先をご覧いただくとわかりますが、実際の対局日は5月20日とのこと。名人位を奪取する前ということになります。先手佐藤八段の初手▲7六歩に対し後手番の菅井七段は2手目△6二銀と工夫を見せましたが、結果は敗退。
しかし、Hブロックでは最多勝ち抜きが決定しているので、菅井七段は決勝トーナメント進出が確定しています。

また、銀河戦は4月以降、本局までに3局の放映がありましたが、実際の対局日は2015年度だったので竜棋会ホームページも2015年度記録に反映しています。菅井竜也2015年度対局結果 | 竜棋会

銀河戦、佐藤天彦八段(当時)に敗れる」への1件のフィードバック

  1. 一将棋ファン

    ほとんど見た事ない衝撃の袖飛車でした。素晴らしい攻防ですごく面白かった。決勝トーナメント進出を決めているのでコンピューター将棋で袖飛車を研究されて実戦で試されたのでしょうか。あれからぼくも将棋ウォーズでこの戦法ばかりで指してます。相手も慣れてないからか自分より上位者にも結構勝てて将棋もスリリングで楽しい。新しい発見でした。菅井先生ありがとうございます。

    返信

一将棋ファン にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です